上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ふわふわと回りが
浮きぼってくる感覚さ

適当に誰も触れさせやしない。

文字を打つこの感覚さえも

実態があるかどうか謎で悲しくなる

周りの人にも

この感覚を

味わった人は

いるであろうか…

手を握ってみて
感覚を確かめた

あぁ、寝る時間だ

おやすみ
スポンサーサイト
 2013_09_19

消えない

Category:  

思い出してはいけないもの

なのにふとした瞬間

何気ない周りの一言、行動で

全て甦ってくる

嫌だ

消したい

消したいのに

今まで何回も戦ってきたはずなのに

どうして

自分を殺しきれない?

記憶を消せないのか

消さないのか

もう、わけがわからなくなってきた


時間が解決するなんて嘘だ

なんで、何年も経ってるのに

消せないんだ

なんで

なんで

消したいのに
 2013_08_24

過去

Category:  



過去


それは、ゆっくりじゃなくてどちらかというと速い

未練がましく縋っていた昨日だってもう当たり前のように

向こうに切られて

それでもなお、私は縋りたくなってしまう

私は愚かだ

なんて、愚かなんだ

そう思っても、もう過去


相手に消されたのはもう過去なのに

受け止めたくない

でも、もうそれさえも過去になってしまうのだろう


いや、これだけは

相手への気持ちだけは私は

過去にしたい、いや、しなければならない

そうしないと


私はきっと

前に
現在に
未来に

行けない



 2013_08_17

あの人たち

Category:  

少しでも、怯えてしまえば嘘となり
逆に強気でいくと本当になる

不思議な人たち
一度、踏み外してみなよ

君たちにはそれが足りない

皆で、同じことやって
それで満足なの?

強いものに従うことが真実なの?

僕には嘘としか思えない

ずっと、そうやって生きてきたから

でもね、他人に考えを押し付けることは
良くないよね、わかってる

でもね、それで傷ついたり
病んだりしてる人がいることを
知ってほしい

それは、少なからずも歩んでいく中で
一人一人にとって大事なことだと
僕は思うから。
 2013_06_01

孤独感

Category:  

僕はここでずっと生きてきた

何年も前からずっとこの場所で

独りで生きてきたんだ

寂しくはなかったよ
辛くもなかったよ
楽しくもなかったよ

笑うこともなかったよ

棄てるべき対象もなく、游いでた
恥ずべき相手もなく、自由だった
僕を縛るものは何もなかったんだ

独りに君はいらない
負担が増えるだろうから
無くすことも惜しむほど
入れ込んでしまいそうだから

孤独を失いそうで恐いんだ


目をゆっくり開ける

君の顔が覗きこんでる

目を逸らしてしまう

火照る頬、自分でもわかる
高鳴る鼓動、聞こえてくる
戸惑う想いが、浮かぶ

なんだか、胸が苦しい

呼んだこともない、他人の名前
日常に会話が増えて、明るい
初めてを経験する毎日

独りでは体験できない
話すことも、許すことも
悲しむことも、抱き締めることも
君なしではできない

もう、離すことはできないんだ

まだ
迷ってる、想い
毎日幸福感に包まれて
覚めてしまいそうな、夢
眠れない
怖くて眠れない

お願いだから
僕が見つけた永遠を

二度と覚まさせないで
 2013_04_14

04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

月奏炉 渚

Author:月奏炉 渚
・基本マイペース貫きます。
・A型だけど、大雑把。
変なとこで几帳面。
・映画、読書大好きです。
・基本、ぶよぶよしてます。
・機械音痴、不器用。
・不定期更新


こんな、私ですが
気軽に絡んでくれると嬉しいです。
ブロとも大歓迎です。

当サイトは、無断転載禁止です。
自作発言は、止めて下さい。


他のサイトで、紹介して下さるのは大変有り難く、構いませんが。
一言、頂ければ嬉しいです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。